ミルセリンホワイトNKBは京都薬品ヘルスケア株式会社から販売されている第三類医薬品です。

サプリメントや医薬部外品とは異なり、“医薬品”として販売されているため、体質によっては副作用が生じることがあります。

ミルセリンホワイトNKBの副作用一覧

  1. 発疹・発赤、かゆみ
  2. 吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛
  3. 下痢、便秘の持続・増強
  4. 生理周期が早まる、経血量が増える

 

まず知っておいて欲しいのは、すべての人が副作用を感じるわけではありません。

 

体調や体質によって、一部の人はこれらの副作用を感じることがありますが、第三類医薬品ということもあって基本的には強い副作用が生じることは、ほぼありません。

副作用の危険があるミルセリンホワイトNKB服用を注意すべき人

 

  • 7歳未満の子ども
  • 医師の治療を受けている人
  • 他の薬も併用して飲んでいる人
  • 過去に薬を飲んでアレルギー反応が出たことがある人

 

ミルセリンホワイトNKBは健康である人ならば、服用しても副作用が強く出てしまうことは、まずありません。

 

しかし、上記のように7歳未満の子どもや、医師の治療、他の薬も併用して飲んでいる方の場合、薬の効果がどのように出るかがわからないため、薬を飲む前にかかりつけ医・薬剤師に相談する必要があります。

 

また、過去に他の薬を飲んでアレルギー反応が出た方の場合、ミルセリンホワイトを服用してもアレルギー反応が出てしまう可能性があるので、やはりこれらの人も服用前にかかりつけ医・薬剤師に相談することをオススメします。

なお妊娠中の方に対しての注意事項はありませんでしたが、念のため妊娠中・授乳中の方も、服用前にかかりつけ医に相談することをオススメします。

ミルセリンホワイトNKBの成分について

ミルセリンホワイトNKBは、しみ・そばかす、ニキビ、湿疹などに効果がある成分がいくつも含有されています。

ミルセリンホワイトNKBの成分一覧

  1. ビタミンB2、ビタミンB6
  2. ビタミンC
  3. L-システイン
  4. 天然型ビタミンE

 

主にしみ、そばかす、日やけ・かぶれによるメラニン色素の沈着の緩和ややにきび、湿疹などの肌トラブルに有効な成分が含まれており、それぞれの成分が効果を発揮し、身体の中から美白・肌の健康を高めます。

 

それでは、それぞれの成分について、簡単に解説して参ります。

ビタミンB2、ビタミンB6

肌の新陳代謝を促進し、肌の細胞を常にわかわかしく正常な状態に保ってくれる成分です。

ビタミンC

メラニンの生成を抑える美白効果が期待できる成分。
沈着したメラニンの色(しみ、そばかすなど)を薄くします。

L-システイン

メラニンの過剰な生成を抑制する日焼け予防効果やメラニンの排出を促し、しみ、そばかすを改善する効果があります。

天然型ビタミンE

血行をよくする成分です。この成分のおかげで身体新陳代謝を高まり、結果的に皮膚のターンオーバーも活性化されます。

ミルセリンホワイトNKBは、これらの有効成分がしっかり配合されているから、効果を実感しやすいんですよ!